VIO脱毛をすると黒ずみが残る!?

VIO脱毛すると黒ずみが残る?と心配な女性

VIO脱毛ですが、ツルツルになっても黒ずみが残るという噂がありますが、これは本当なのでしょうか。
VIO脱毛は一般的に光やレーザーを用いてお手入れが進みます。黒い色に反応する光で毛根を破壊することで、脱毛をすすめていくわけです。脱毛が終了してツルスベ肌にはなっても、黒ずみが残るケースは確かにあるようです。しかしこれはある意味仕方ないのです。
お人形さんのようなツルツルにしたいとは言っても、日本人は黄色人種です。白人とは違って黄色人種はメラニンが多いため色素沈着しやすいのです。白人が日焼けをしても小麦色程度で収まるのはメラニン自体が少ないからなのです。

ビキニラインの黒ずみが出来る原因は?

デリケートゾーンの黒ずみの原因は刺激です。カミソリや毛抜きのセルフケアはもちろん大きな刺激になりますが、それ以上に大きいのが下着などのこすれなのです。それほど大きな刺激ではなくても毎日継続することで、ちりも積もれば何とかで色素沈着してしまうのです。毛がある際は気づかなかったけれど、無毛になったことでその黒ずみが目立つようになるというわけです。
ただ、この黒ずみが脱毛によって解消するケースもあるといいます。そもそもの原因であった下着のこすれなどが取り除かれることで徐々に解消するというわけです。それにツルツルになればカミソリや毛抜きを使ったセルフケアの必要がないので、大きな刺激もないからです。

デリケートゾーンの黒ずみは脱毛の施術で解消可能!?

脱毛で使う光でも、種類によっては直接色素沈着に効くものもあるのです。シミやくすみなどの解消目的で使用する光がありますが、強さは違いますがこれを同じ種類の光で脱毛をする場合、脱毛と同時に美白効果も期待できるというのです。もちろん、この場合の目的が脱毛なので驚くほどの美白効果はありませんが、ついでに美白できる可能性があるのです。
よく勘違いされるのが、VIO脱毛で使用した光のせいで肌が黒ずんだというケースです。あまりに強すぎる光を照射すれば、やけどの恐れがあるので100%ないとは言えませんが、通常こういったデリケートな部分は弱い光で施術を進めておくので、光によるやけどの跡が残って黒ずむことはまずないと考えた方がいいでしょう。黒ずんだように見えるのは、毛がなくなって肌があらわになったのが原因です。それにツルツルになって肌への刺激が減ることで、そういった黒ずみは徐々に解消へ向かう可能性が高いのです。