VIO脱毛をする事で起きる肌トラブル

脱毛による肌トラブル回折図

VIO脱毛をするにあたり、肌のトラブルも気になるところです。VIO脱毛はとてもデリケートなパーツだけに、光やレーザーでの照射で、肌には負担が掛からないかは不安に思うかもしれません。VIO脱毛は信頼できるエステやクリニックを選び、カウンセリングでは肌の事、気になることを不安がなくなるまで質問して聞いておくことです。脱毛が初心者であれば、尚の事肌に光やレーザーをあてるのは、状態がどうなるか気になりますから、質問しておくことです。

脱毛をすると照射後に、肌に赤みが出てくることがあります。皮膚が赤くなったことを、肌トラブルだと思って心配することもあります。しかし脱毛後にあらわれる赤みは、ほぼ全員が体験することであり、全く特別なことでもなければ、肌トラブルでもありません。カウンセリングでも説明はありますが、実際に自分の肌にあらわれると、動揺を隠せないかもしれません。この症状は一時的なもので、脱毛するときの熱エネルギーによるものです。

脱毛サロンでは光によって、医療クリニックでは医療レーザーによって、脱毛をしていくため、その熱がこもっている状態です。皮膚は軽く炎症を起こしているため、肌には赤みとなってあらわれることになります。光脱毛や医療レーザーであれば、照射下ゾーンの全体的にあらわれます。今ではあまり少ないですが、ニードル脱毛の場合は毛穴周辺にあらわれます。照射後はほとんどの人が体験しますが、クールダウンでひいていきます。

VIO脱毛後の肌の赤みへの対処法

個人差はありますから、赤くなったのがすぐに消える人もいれば、少し長引くこともあります。1週間以内には元の肌の色に戻りますが、大体は施術後に冷やしている間に、元の肌の色に戻っています。ですが、皮膚の内側では炎症が続いています。施術直後はもちろんのこと、施術を受けてから24時間は皮膚の内側では、軽い炎症状態が継続されています。そのため、クリニックやエステでの脱毛をしたら、今度は自宅でのセルフケアをしていく必要が出てきます。また、当日の性行為は控えておくのがベストです。

赤み対策としても、肌と脱毛効果のためにも、自宅で行うのは基本的に2つのケアです。1つは患部を冷やすことと、もう一つは肌の保湿のスキンケアをしっかりと行うことです。施術をした当日は、肌をしっかりと冷やしてあげましょう。そして、肌への水分補給という意味でも、保湿を中心としたスキンケアを徹底して行っていくことです。いつもよりも保水成分を肌に入れるため、ローションはたっぷりと使うと良いです。